バリスタの学校に通う【基本コースからプロフェッショナルコース】

女性

卒業後サポートがある

将来オーナーシェフになりたい方は、料理の専門学校で勉強する必要があります。プロの講師から学ぶことができ、テクニックを身に着けることができます。料理だけではなく、茶道や華道を学ぶことができる学校もあり、知識を役立てることができます。

女性

基礎から学ぶ

バリスタとはコーヒーの知識を幅広く有し、おいしいコーヒーを淹れる技術を持つ人という意味で使われています。学校で学ぶことにより、幅広く知識を得ることができ、経営に関する知識やノウハウも学ぶことができます。人脈ができるのもメリットといえるでしょう。

野菜を切る

学費をきちんと把握しよう

料理人になりたいのなら、有名店での修行を選ぶよりも、専門学校で教えてもらうことを選択しましょう。料理専門学校の学費を知りたいのならば、公式サイトや定期的に開催されている相談会で確認することが可能です。

オススメ記事

女性

卒業後サポートがある

将来オーナーシェフになりたい方は、料理の専門学校で勉強する必要があります。プロの講師から学ぶことができ、テクニックを身に着けることができます。料理だけではなく、茶道や華道を学ぶことができる学校もあり、知識を役立てることができます。

女性

基礎から学ぶ

バリスタとはコーヒーの知識を幅広く有し、おいしいコーヒーを淹れる技術を持つ人という意味で使われています。学校で学ぶことにより、幅広く知識を得ることができ、経営に関する知識やノウハウも学ぶことができます。人脈ができるのもメリットといえるでしょう。

今人気のおしゃれな職業

豆

プロの技術を身につける

昨今のカフェブームによりよく耳にするようになったバリスタと言う言葉をご存知でしょうか。バリスタとはイタリア語でバールの給仕人という意味を持つ、喫茶店やカフェのカウンターに立ってエスプレッソやカプチーノを提供する職業人の事です。コーヒーを提供するだけでなく幅広い豊富なコーヒーの知識が必要です。又、今流行のコーヒーに絵や模様を描くマキアートの技術もあればより幅広く仕事ができます。しかしバリスタはただおいしいコーヒーを入れればよいと言うわけではありません。バリスタは接客業であるため高いコミュニケーションスキルやお客様への気配り心配りが必要な職業であると言えます。そんなバリスタになりたいと憧れる人も増えているのではないでしょうか。そこでバリスタになるためにどうすればよいかご紹介します。まず、特別な国家資格などはありません。方法としてはコーヒーショップなどの店舗で働きながら現場で技術を身につける、本場の海外で修行する、専門学校などに通うなどがあります。ここでは専門学校について取り上げます。スクールにより様々ですが、一般的に基本コースからプロフェッショナルコース、開業・独立するための経営の方法も学べるコースなど目的や進路により選ぶことができます。独学ではどうしても全てを学ぶことは難しく、特に未経験者であれば満遍なく最先端の知識を得られるという点で専門学校に通うメリットは大きいと言えます。費用は年100万円位が相場です。昼間に通えない方のために社会人コースを設けている専門学校もあります。

男性

美味しい一杯を提供

コーヒーは身近な飲み物であり、バリスタも身近な職業となっています。バリスタになるためには学校に通う人もいて、調理専門学校や製菓専門学校には専門の学科があり、専門のカリキュラムが用意されています。そこではバリスタに必要な接客の知識やコーヒーの専門知識を学ぶことができます。

レモンを切る

未来に役立つ知識

話題のお店にはいつも多くのお客さんが集まっており、魅力のある業界であるといえます。その料理の世界で将来的に働いていきたいときには、どこででも通用する基礎的な知識を身につけ、将来的に非常に役に立つ能力として、専門学校に通うことが得策です。

Copyright© 2018 バリスタの学校に通う【基本コースからプロフェッショナルコース】 All Rights Reserved.