バリスタの学校に通う【基本コースからプロフェッショナルコース】

基礎から学ぶ

女性

ノウハウを習得する

バリスタとは、もともとはエスプレッソを淹れる人という意味です。ですがそこから意味が広くなって、コーヒー全般の知識を持ち、おいしいコーヒーを淹れる技術を持つ人といった意味合いで使われることが多いです。バリスタとなるのに資格や経験は必要ありません。コーヒーチェーン店などでは、入ったばかりのバイトでもバリスタを名乗ることがあるほどです。ですが真の意味でバリスタとなりたいのならば、学校などで学ぶのもよい方法といえるでしょう。バリスタになるための学校はいくつかあり、通信による学校もあります。コーヒーを淹れる技術も重要なのですが、必ずしも手取り足取り学ばねばならないということではないので、動画によるサポートなどでも十分学習は可能なためです。通学による学校もありますが、学ぶ期間は半年から一年ほどと短めの学校が多いです。学校で学ぶことで、基本的なことから幅広く知識を身につけることが可能となります。また、開業や就職を考えている場合、経営についての知識も得られるため、実際の仕事に役立てることができます。さらに大きいのが仲間に出会えるという点です。通信教育ではかないませんが、通学型の学校ならばともに学ぶ仲間ができます。仲間がいることでモチベーション維持にも役立ちますし、開業した場合に顧客となってくれることも期待できます。人脈は独学では身につけられない貴重なものなので、人脈が得られるというだけでも大きなメリットといえるでしょう。

Copyright© 2018 バリスタの学校に通う【基本コースからプロフェッショナルコース】 All Rights Reserved.