バリスタの学校に通う【基本コースからプロフェッショナルコース】

美味しい一杯を提供

男性

接客のプロになる

バリスタという職業があることを知っていますか。誰もが一度は耳にしたことがあると思います。私たちにとってコーヒーを飲むことは身近なことです。町を歩けば、コンビニからレストラン、カフェ、コーヒー専門のチェーン店などでコーヒーが販売されている風景が浮かびます。そしてコーヒーがあるところにはバリスタという人たちの存在もあります。バリスタはコーヒーについての専門知識を身に着けている人で、お客様に最高の一杯を提供するのが仕事です。さらにこの職業はただコーヒーの知識を持っているだけでなく、接客のプロでもなくてはなりません。バリスタになるために専門学校になる人がいます。日本で店員として働く人もいれば、海外での活躍を目指す人、自分でコーヒーショップを立ち上げようと考えている人が学校に通って学んでいます。それぞれ目的が違いますが、共通点なのはコーヒーに対して情熱を持っていることです。コーヒーというものは思っている以上に繊細です。同じ豆でも焙煎する方法やその日の気温や温度で味が変わってしまいます。そういった繊細な物を扱うには知識と技術が必要です。他にも主に接客の仕事なので人と接するのが好きでないと続けられない職業です。ところで近年のカフェブームでバリスタの学校は日本で増え始めています。本気で目指すためにいい専門学校を選ぶにはどうしたらいいのでしょうか。バリスタのことを学ぶカリキュラムのある学校は多くは調理専門学校や製菓専門学校にバリスタ専攻やバリスタ科として学科を設置しています。バリスタ専攻やバリスタ科というキーワードを頼りに探してみるのが一番です。

Copyright© 2018 バリスタの学校に通う【基本コースからプロフェッショナルコース】 All Rights Reserved.